丸山純奈 POLU Mステへの階段

 

 

今年のMステウルトラFESの企画、「Mステへの階段」でPOLUという無名バンドがグランプリを取ってMステに出演することになった。

オーディションには2000組ほど参加していたそうで、まだ中学2年のヴォーカル、丸山純奈さんがその中でも随一の歌声だった。

とにかく声が透き通っている。

いつまでも聞いていたくなるような伸びやかな声をしていた。

 

「音楽がすべて」と語る彼女のことを少し紹介してから、「Mステへの階段」で歌っている動画も見せたい。

 

sponsored link

丸山純奈のプロフィール

 

名前: 丸山純奈

生年月日: 2004年11月14日(現在13歳)

出身: 徳島県

好きな食べ物:バナナ

 

丸山純奈さんは過去に「関ジャニ音楽王」に出演してその時にも歌唱力で注目されている。

その歌唱力は「カラオケだけで培ったものではない」と評されていたが、それもそのはず。

11歳の時にはウィーンで合唱をしていたことがあるくらいだからだ。

 

幼少から歌うことに興味があり、地元の合唱団に所属。

天性の透き通ったソプラノにさらに磨きがかけてきた。

POLUが結成されたのは2016年6月のこと。

港の倉庫街のイメージソングを歌うために結成された、いわば地域興しのバンド。

 

2016年9月、徳島市にある港の倉庫街「万代中央ふ頭」のイメージソング『ミズイロ』のために結成された5人組のバンド。

13才のボーカル・丸山純奈の透明感溢れる声、多彩な表現力は日本の音楽業界からも高く評価される。

1stシングル『ミズイロ』は、作詞に高橋久美子(作家、元チャットモンチー)、作曲に[.que]を迎えリリース前から高い注目を集めた。

2017年5月からは全国各地の港や倉庫街を巡るライブツアーを計画。水辺のまちを媒体に精力的な活動を見せる。

 

https://www.tunecore.co.jp/artist/POLU

 

POLUは、2016年9月、徳島市の「万代中央ふ頭」のイメージソング「ミズイロ」のために結成された。ボーカル丸山純奈さんはオーディションで選ばれた。

 

徳島新聞

 

若干13歳なのに意志のしっかりした女の子だ。

「これで生きていく」と決めていなければ12歳でオーディションを受け、13歳にはTVのカメラの前で歌うなどできないと思う。

少なくとも私にはできなかっただろう。

何かアスリート的な勝負心を感じてしまう。

 

sponsored link

 

Mステへの階段の歌動画と画像

 

2次審査である最終オーディションでは「Sing」を歌っていた。

 

 

 

最終オーディションには10組程度選ばれていたが、その中でも一番審査員の印象に残ったのがこの純奈ちゃんの歌声だった。

ただ上手い人ならゴロゴロいるだろう。

他の候補者たちも上手い人揃いだった。

 

でも、純奈ちゃんの歌声は、ただ上手いなと感心するものじゃなかった。

彼女と同じ中学生の夏に戻ったような気分になれた。

脳の一番深い部分を揺り動かす力があると体で感じることができた。

 

林明日香さんを思い出す。

純奈ちゃんもまた、林明日香さんのように歌うために生まれてきたような少女なのだろう。

Mステ本番では何を歌うのだろうか。

 

 

sponsored link