ミサイル 避難 持ち物 子供 赤ちゃん

 

今回はミサイルから避難するときに持っていくべき持ち物についてです。

避難場所などは別記事で紹介しましたが、避難するような状況になったら数日間一か所で過ごすことになる可能性も出てきます。

避難先に生活必需品が用意されている保証もないですし、有事の時こそ準備をしっかりしておけば困っている周りの人も助けることができます。

私もこれまで防災対策をしたことがなく、今回調べて初めて必要な物を頭に入れることができました。

 

ここでは私が調べてきた、ミサイルから避難する際に必要な物を紹介します。

見逃しがちな、小さなお子さんにしておくべきことも紹介していますよ。

 

sponsored link

 

最低限の持ち物

 

最低限の持ち物は命を守るもの、連絡が取れるものです。

 

有害物質から体を守るもの

 

ハンカチ

マスク

 

北朝鮮ミサイルには有害物質が搭載されている可能性があり、それらを吸い込んでしまうと非常に危険です。

ハンカチやマスクといった口や鼻を塞げるものを持っていきましょう。

 

生命維持のための食糧

 

水(ミネラルウオーター、1人1日3リットル)

保存食(缶詰・お湯のいらない加工食品)

氷砂糖

 

生命線ともいえる水は必須級、保存食はカップ麺などのお湯や火を使うものは避けましょう

氷砂糖は食べものの中では優先度が低いですが、できれば持っておきたいです。

 

連絡のとれる機器

 

携帯電話

 

家族とはぐれた場合に連絡が取れる手段を確保しておきましょう。

 

できれば持っておきたい持ち物

 

あったほうが困ることが少なくなる持ち物です。

事前に防災バッグを準備しておき、その中に入れておくといいと思います。

 

衣類

 

下着

ジャージやスウェット

羽織るもの

靴下

 

下着は替えを持っておきたいです。服は楽に過ごせるようにジャージやスウェットを持っていきましょう。

羽織るものは夜など冷え込んだ場合、寝る時のかけ布団代わり、お子さんの体温を低下させないためなど持っておくと便利です。

 

情報収集をするための機器

 

モバイルバッテリー(電池式など)

携帯ラジオ

 

電池式など外でも携帯電話を充電できるものを持っておくと安心です。ラジオは現在の状況を把握するための情報収集にあったほうがよいです。

 

生活用品や使い勝手のいいもの

 

ホイッスル

ティッシュやトイレットペーパー

生理用品

ライター

懐中電灯(LED)

缶切りやナイフ

ビニール袋(レジ袋)

歯ブラシや歯磨き粉

ハサミ

手袋(軍手)

薬やバンソウコ

 

生活に必要な物、様々な用途が期待できるものです。

女性は生理用品を忘れがちですが、不安要素を減らす意味でも持っておくといいと思います。

 

身分証明書、各種カード、現金

 

財布

 

普段から携帯しているカード類は財布の中に入っていると思いますので、有事の際には財布も掴んで持っていきたいです。

 

sponsored link

 

小さな子供のためにできること

 

持ち物の中でも「レジ袋」は小さなお子様のオムツカバーとして使うことができます

 

子供の持ち物

 

小さな子供でも身元が分かるようなものや、有害物質から守れるものを持たせてあげましょう。

 

身元が分かるような名札、カード

 

名前・性別・生年月日・緊急連絡先・血液型・親の名前など、身元が分かる情報や救助しやすくなる情報を記したものを身につけさせてあげましょう。

 

書いておくとよいこと

 

・協力者へのメッセージ
住所(フリガナ)
氏名(フリガナ)
・性別
・生年月日
緊急連絡先
・保護者、近親者、かかりつけの医師など。

・服用薬
・アレルギー反応
血液型
・現病歴(フリガナ)
・既往歴(フリガナ)
・手術歴(フリガナ)
・臓器提供の意思表示

 

http://sonaeru.com/archives/2757#i-7

 

英語でも書いておくと外国人からの救助も受けやすくなります。

書くときは太く、大きく書きます。

 

名札を服につけたり、カードを紐でぶらさげたり、腕にマジックで書くのも手です。

書ききれない場合は「持たせたポーチの中に入っている」ことを記すのがオススメです。

 

 

ヘルメット(防災頭巾)

ゴーグル

マスク

 

すき間が空く場合は幅の広いテープで保護するとよいです。

 

赤ちゃん用の持ち物

 

・防災頭巾・ヘルメット・帽子
・抱っこ紐
・おむつやパンツ(水が使えない場合があるので紙おむつ)
・おしりふき(体拭きにも使用できます)
・ミルク・哺乳瓶
・レトルトの離乳食
・着替え
・おもちゃ
・子供用歯磨き
・カイロ

何でもかんでも用意してもいざというときに重たい。持てないのでは意味がありません。実際に赤ちゃんや子供をかかえて持てる量なのかどうかもしっかり確認しておきましょう。

避難するときは抱っこひもを活用しましょう。ベビーカーだと瓦礫などで通れなくなることや、赤ちゃんが地面に近く、瓦礫の細かいごみを吸い込んでしまう危険性があるからです。

 

https://mamari.jp/4108

 

消耗品の目安は4日分の量を持っていくことです。

だっこヒモはいつでも取り出せる場所に置いておくのが望ましいですが、もし手元にだっこ紐がない場合の代わりとして使えるものに「さらし」があります。

「さらし」がない場合は「大き目の上着」「大き目の布」でも代替できます

 

参考サイト: mamari 備える.com

 

【関連記事】

北朝鮮の核実験の日本への影響は?放射能の対策方法とグッズも紹介

北朝鮮の核実験に対するアメリカの対応は?先制攻撃で戦争に突入か

ミサイルから避難する方法は?マンション・車の中や地下がない場合など

北朝鮮ミサイルを日本が迎撃しない理由と北海道へ発射された目的

 

 

sponsored link