15日にフロリダ州の中心都市マイアミの北部、マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校

という高校で、退学になった元男子生徒が銃を学校前と校内で乱射し

17人の命を奪ってしまいました。

他に14人が病院に運ばれ、3人が重体といいます。

元男子生徒ということで、何か恨みによる犯行なのかと推測しますが・・・。

 

ここでは「過去にアメリカで起こった学校での銃乱射事件」

「過去の犯人の動機・銃乱射する理由」

「動機」について書いています。

 

sponsored link

フロリダ銃乱射事件の犯人の動機

 

※追って追記します

 

過去にあった学校での銃乱射事件

 

過去にも元生徒による銃乱射事件がアメリカでは起こっています。

事例と動機を紹介することで、今回の事件の犯人、元男子生徒の動機もわかりやすくなるかもしれません。

学校での銃乱射事件は、スクールシューティングと言われ

普通は学校の関係者が無差別に銃を乱射します。

 

アメリカのスクールシューティングの事例は数か多く

その他の事例はwikipediaで見て頂くとして

ここでは死者数が10人以上の事例を紹介します。

 

  • テキサスタワー乱射事件 テキサス州オースティン 1966年8月1日 ・・・15人(犯人→ 射殺)
  • コロンバイン高校銃乱射事件 コロラド州リトルトン 1999年4月20日 ・・・15人 (犯人→直後に自殺)
  • レッドレイク高等学校銃乱射事件 ミネソタ州レッドレイク郡 2005年3月21日 10人
  • バージニア工科大学銃乱射事件 バージニア州ブラックスバーグ 2007年4月16日 32 人(犯人→直後に自殺)
  • サンディフック小学校銃乱射事件 コネチカット州ニュータウン 2012年12月14日 26人(犯人→ 直後に自殺)

(wikipedia)

 

事件は犯人が自殺することで終わる例が多いですね。

 

sponsored link

 

銃乱射する理由

 

犯人がその学校に在籍していたり退学処分をうけた元生徒だったりすることが多いですが

犯人のその学校での生活を見てみると、「いじめ」などでその学校の人間に

恨みを持って、銃乱射に至ってしまうということが動機に多いですね。

 

コロンバイン高校銃乱射事件」では、犯人の二人はカーストの上の方の集団に

馬鹿にされていたり、小突かれたり、いじめを受けていて

この二人は他にもいじめを受けていた生徒と自警団を形成していました。

これを見ると、二人の犯人は「いじめていた奴らに恨みをはらすため」

犯行に及んだように思えますが、実際は違ったようです。

 

犯人の一人エリックは厳しく育てられ、ヒトラーを尊敬し

事件当日は「NATURAL SELECTION(自然淘汰)」

というTシャツを着ていて、もう一人のディランは「WRATH(憤怒、復讐、天罰)」

と書かれたものを着ていました。

また事件前に地下室で撮られたビデオには、二人が汚い言葉で罵る姿が映し出されていました。

エリックの日記を精神分析医は

「ナルシスティックな尊大さや血に飢えた怒りにあふれている」

と分析していて、エリックは自身の優秀さ誇示するために

「劣ったもの」を銃乱射によって消そうとしたのではないかと言われています。

ディランも幼いころから成績優秀で、1年早く学校に入るくらい頭のいい生徒でした。

 

この例からは、「いじめ」と「ナルシシズム」

さらには精神的な特徴である「サイコパス」などが複雑にからみあっていることがわかります。

 

「サンディフック小学校銃乱射事件」の犯人は、精神疾患(自閉症)があったようで

銃乱射事件に異常に興味を示す執着を見せていたといいます。

(もちろん自閉症=凶悪犯罪ではありませんよ)

母親が息子である犯人を、無理やり精神病院に入れようとしたことが動機とされていますが

真相はわかっていませんでした。

 

バージニア工科大学の事件では、在学4年の在米韓国人の男子生徒

チョ・スンヒが起こした事件でしたが

彼は学校で孤立していて話し相手がいない生徒でしたが

暴力をふるう人物ではなかったといいます。

しかし、中高の時に英語の発音などでいじめられた経験があり

それが周囲の人間への認知をゆがめてしまったのだと解釈されています。

彼は自分をキリストに例えていて、「キリストのように死ぬ」と書いています。

キリストのように犠牲になり、のちの弱いもののために伝説になる

ことを夢見ていたようでした。

 

【銃乱射事件の犯人の共通点】

〇加害者は男性

〇成績は中以上

〇都会ではなく郊外、田舎の学校

〇犯行動機の基本は復讐

〇周囲への敵視(いじめ、認めてくれない教師、愛してくれない恋人、親など)

〇被害者に対する個人的な恨みよりも、たまたま居合わせた生徒や教師が被害者に

〇残酷な内容の作文など犯行の前触れ(バイオレンス趣味、銃撃予告、オカルト指向、動物虐待、他の事件の模倣性、犯行前の様々なトラブル)

http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/news2/2007/virginia_shootings.html

 

孤立感から他者の存在を軽視することに繋がり

蟻のように踏みにじってもいいという考えに至ってしまうのでしょうね。

 

 

sponsored link