今日のニュースで、アメリカのCIA長官のポンペオ氏が

「北朝鮮がICBMを完成させる時期が近い」ということを言っていました。

CIA長官が北朝鮮のICBM完成時期について言及するのは異例なんてニュースではありましたが

実は以前にも一度ふれてるんですよね。

 

17年10月にポンペオ長官は、「北朝鮮の核武装が最終段階に入っている」

という趣旨の発表をしていました。

その時期はTOKANAによると、18年の3月であると(ここはちょっと情報源が怪しいですが)。

北朝鮮はアメリカの北米大陸を攻撃しようとしているようですが

今年中には本当にICBMをアメリカに向けて発射してしまうかもしれません

複数本のミサイルを同時に発射できるともいわれていますし

着弾も許してしまうかもしれない・・・。

 

さて、このポンペオ氏の発言と、第三次世界大戦

さらに世界終焉の予言が重なりそうなんですよね。

「北朝鮮が攻撃をしかける」という予言だけなら私でもできそうなんですが(笑)

その予言をした人物が同時に興味深い予言も話しているので紹介します。

信じるか信じないかはあなた次第ですが

 

sponsored link

 

予言その①・・・2018年4月に第三次世界大戦が起こる!?

 

TOKANAという、予言や都市伝説に詳しいニュースサイトをたまに見るのですが

そこでデイビッド・ミード氏という聖書研究家が、聖書を解読すると

2018年4月は「終わりのはじまり」という解釈ができる

というんですね。

「2018年4月の早い時期に教会時代が終わり、キリストによる携挙が起ります。この後すぐにアンチ・キリストが誕生し、惑星X(ニビル)の出現と第三次世界大戦の勃発が続くでしょう」とミード氏は陰謀論サイト「PlanetXnews.com」に寄稿した記事の中で述べている。

http://tocana.jp/2018/01/post_15737_entry.html

 

第三次世界大戦以外にもいろいろ予言されてますが・・・

にわかに信じがたい話。

だって予言ですし・・・予言って当たったためしがなi。

だが、ポンペオ氏も北朝鮮の核武装はもうすぐだと言っているし

北朝鮮が18年4月あたりにアメリカを攻撃し出してもおかしくはない。

そうすれば第三次世界大戦(厳密にいえばもう始まってるけど)が本格的に

武力行使という意味で始まってしまうこともありうるのかなぁと。

 

またデイビッド氏はこんな予言もしている。

「2018年に北朝鮮が端緒を開くかたちで第三次世界大戦が起こります。

マイク・ポンペオCIA長官によれば3月に北朝鮮は核弾頭搭載ICBMの運用を開始します。

…(中略)…

“ヨハネの黙示録の四騎士”はアメリカ、ロシア、北朝鮮、中国であり、この4カ国が真正面から対峙してこの世の終わりを迎えます」(デイビッド・ミード氏)

http://tocana.jp/2018/01/post_15737_entry_2.html

 

この構図だとアメリカVS北朝鮮・ロシア・中国

みたいになってしまいそうな気がする・・・。

中国はもう完全にアンチアメリカですよね。

Googleも追い出しましたし、別の予言では2018年は中国がアメリカを上回る強国になるともいいます。

 

日本が入っていないのが気になりますが・・・まぁ日本はアメリカのおまけみたいな感じになっていくんでしょうね・・・。

この北朝鮮が発端の第三次世界大戦がはじまるという予言と重なるようにして

「世界終焉」の予言もなされています。

 

sponsored link

 

予言その②・・・2018年6月24日に世界が終わる!?

 

これまでもノストラダムスの大予言(1997年7月に人類滅亡)

とか、マヤ歴の予言(2012年12月に人類滅亡)

など、たくさん世界終焉の予言がなされてきて

どれも表面的にははずれたように見えます、人類は健在ですし。

 

マヤ歴の予言では、計算ミスがあったため、再度うるう年といれて計算すると

人類滅亡は2015年9月3日だったそうだ。

これも見事にはずしているんだけれど、この日は実は私の誕生日でした(笑)

「自分の生まれた年に死ぬなんて不運だなー」

なんて、ほとんど危機感もなしに思っていました。

 

ここから本題ですが・・・

別の聖書研究家が、「ヨハネの黙示録」を解読して

人類滅亡は2018年6月24日だと言ってるんですよね。

マテュー・ジャン=マルク・ジョセフ・ロドリグ氏という人が

聖書に出てくる42と666という数字を使って

独自の方程式で算出したんだとか。

(独自の方程式って・・・かなーり怪しい!)

 

この予言を支持する予言が、ノストラダムスの大予言にも隠されているという。

予言を解読する資料の「四行詩篇集」の中にも

「2018年6月に世界が滅びる」と解釈できる暗号が隠されていたんですね。

「天国の女王・マリアの2度目の死が訪れる」と。

 

予言の中でも滅亡系の予言は信頼性がとんと低くて

聞くたびに「またかー今度もはずれるんでしょー?」って思っちゃいますが

北朝鮮の核武装問題が激化している現状ですから

今回ばっかりは笑っていられない、最初の滅亡予言かもしれない。

 

sponsored link