時東ぁみ チャリティープロジェクト

 

2016年に引退して結婚された時東ぁみさん

現在は新しい活動に目を向けられていて、アジアの貧困問題に取り組んでいるそうです。

ニュースに載っていたのは、時東さんがベトナムで学校を建てる活動をされているということでした。

きっかけは5年前にベトナム・ホーチミンで開催されたジャパンフェスティバル。

貧富の差を目の当たりにし、何か力になりたいと思った。

プロジェクトを立ち上げたのが2016年4月というからその早さに驚き。

海外でボランティアをしたい学生とか

時東さんと一緒に活動したいんじゃないかな~

と思い、どんなNPO法人か、プロジェクトに参加できるのか調べてみました。

 

sponsored link

 

時東ぁみが活動しているNPO法人とは?

 

時東ぁみさんがプロジェクトを立ち上げるきっかけとなったのが

AEFA アジア教育友好協会というNPO法人との出会い。

株式会社ベクトルさんに協力してもらって、いらない洋服を支援金にし

学校を建てたり、学校用具を揃えたり、Tシャツを寄付したり

井戸を作ったりしています。

 

まだまだ小学校が足りていないアジアの貧困地域は多く

小学校を増やすことが時東さんの今後の目標です。

一つの小学校を作るのには700万円もかかるのだとか・・・。

時東ぁみさんみたいな、人気アイドルがこういったチャリティー活動をすれば

大きな助力になりますね。

アイドルとしての役割はこんなところにもあったのね~と感心いたしました。

 

時東ぁみさんが語るアジアの貧困地域の現在

 

日本のニュースを見ていると

「近年アジアが経済発展している」

「都市部の近代化が目覚ましい」

とか、もう貧しい国といったイメージから脱したかのような印象受けます。

でもそれらは取り残されている貧困地域を無視した報道です。

 

現状を見ている時東さんがいうにはアジアの貧困地域は

 

〇都市部と農村部の貧富の格差が拡大している

〇アジアの少数民族出身の子どもの半数が絶対的貧困の中で暮らしている

〇5人に1人は学校に通っていない

〇母国語としない子どもたちは学校の授業で取り残され、貧困から抜け出せない

〇約50%の子どもが適切な保健ケアを受けていない。

〇予防可能な病気で命を落としている

〇育児の放棄、虐待、搾取に苦しんでいる

参考元:http://tokito-ami-charity.com/

 

というように、抜け出すチャンスがほぼゼロで、助けもなく苦しんでいる子供たちが

大勢いるとのことでした。

 

ただ・・・それでも「とっても明るいんですよ」と時東さん。

 

sponsored link

 

時東ぁみのチャリティープロジェクトに参加できるのか

 

私が気になったのは、時東さんのプロジェクト

「時東ぁみアジアチャリティープロジェクト〜子どもたちに笑顔いっぱいの未来を〜」

に一般の人が、メンバーとして参加できるのかな

ということでした。

寄付はチャリティープロジェクトのサイトからできるんですが・・・

現地に行って、時東さんと一緒に活動できるのかなと。

 

上の公式のサイトでは、残念ながらメンバー募集の項目などはありませんでした。

おそらく、活動自体は時東ぁみさんと

「AEFA アジア教育友好協会」の一部の会員で行っているのではないか。

 

「AEFA アジア教育友好協会」のHPを見ると、採用情報などはなく

「お問い合わせ」で聞いてみるしかないんじゃないかなと。

公にメンバー募集しちゃうと、応募が殺到して中には変な人も混じるかもしれないので

募集はしていないのかも。

もしどうしても何か活動に参加させてほしい、という方がいれば

AEFA アジア教育友好協会」のHPから問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

sponsored link