「世界でもっともハンサムな男性ランキング」というので

日本人が何人かランクインしていて、その中に全く知らない名前の人がいた。

  • 42位 寺田拓哉
  • 66位 赤西仁
  • 81位 山崎賢人
  • 88位 ダニエル松永
  • 96位 岩田剛典

 

ダニエル松永さん、岩田剛典さんも存じ上げないけど

寺田拓哉さんが気になった。

ニュース記事でのお顔写真を見ると、ちょっと韓国人系アイドルのような雰囲気だった。

韓国で活動されてるみたいだし、在日韓国人なのかな?と思ったが

そういうわけではないらしい。

 

でも韓国語ペラペラみたいだし、韓国でのグループ活動も順調で

バラエティー番組にも出演しているようなので

彼の韓国語力がどこからきているのか

所属グループのCROSS GENEでの人気はどのくらいなのか調べてみることにした。

 

sponsored link

 

まずは寺田拓哉のプロフィール

 

寺田拓哉 韓国語

名前: 寺田拓哉
生年月日: 1992年3月18日(25歳)
出生地: 茨城県北相馬郡守谷町(現・守谷市)
身長: 188cm
血液型: O型
職業: 俳優・歌手・モデル
ジャンル: テレビドラマ・映画・CM・音楽
活動期間 :2009年 –

兄弟: 妹(2歳下、12歳下)

事務所:アミューズ

所属ユニット: CROSS GENE

 

・特技はバスケットボール・野球
・ジュノン・スーパーボーイ・コンテストの最終審査では、福山雅治の「milk tea」を披露した。
・好きなアーティストはAAA、ゆず、RADWIMPS、flumpool、Aqua Timez、BIGBANGなど。
・中学時代は野球部のキャプテンだった。
・最近のマイブームは小説。
・いつも持ち歩いているものは飴とガム。
・趣味は、麻雀・カラオケ・ボウリング・読書等。
・好きな食べ物はハヤシライス。

Wikipedia

 

寺田拓哉さんはCROSS GENE内でリーダーを担当している

CROSS GENEは現在、韓国メンバー4人、日本人メンバー1人の構成で活動している。

メンバーとしてのGENE名は「GORGEOUS GENE」!!

 

もとは日本でモデルとして活動していて、2010年(当時18歳)に韓国へ渡りミュージカルに出演

2012年にCROSS GENEのメンバーに。

 

リーダーが選ばれる時、アミューズ内事務所で投票が行われたんだとか。

その時1位になってリーダーを務めることに

性格はとにかく優しいが、以前は歌もダンスも演技も上手いわけではなかったみたい。

 

調べてみると韓国人というわけではなさそうだった。

現在CROSS GENEは5人体制で、寺田さんはTAKUYAとしてボーカルを担当。

彼が加入してからCROSS GENEの知名度・人気ともに上がったのだとか!

 

しかし、背が高い。

2008年にはジュノン・スーパーボーイ・コンテストで審査員特別賞を受賞している。

モデルとしても十分やっていけるスタイル。

 

sponsored link

 

寺田拓哉はなぜ韓国語が上手いのか

 

韓国のバラエティー番組「アブノーマル会議」に寺田拓哉さんが初めて出演したとき

韓国語のレベルはすでに相当高かったんだそうな(ソースは知恵袋)。

しかし、もともと韓国語が話せたわけではなく

あくまで寺田さんの努力によるもの。

 

寺田さん自身、もともと韓国に興味があったようだが

韓国に渡ったときは何も知らない状態だったというから

韓国語もそれから自分で相当頑張って習得したのだろうと思う。

 

外国語を勉強している人には励みになりますね。

彼の場合はもちろん韓国語だけじゃなく、歌やダンスや演技も

自分の意思で相当努力したんだと思う。

18歳でそこまで多面的に努力できる人がアイドルやってると

見てるファンもやる気になるよね。

 

sponsored link

 

寺田拓哉の人気は?

 

寺田さんのCROSS GENEでの人気は、サイト情報によってもわかれるけど

たいてい1位か2位と人気。

唯一の日本人メンバーで目立つのもあるけど

性格が優しくて、無意識に周りが調和するように気遣いができることが理由なんだろうと思う。

 

ある時韓国の女性タレント2人のうちどっちを選ぶかという企画になったとき

4人が一方の女性タレントに言った後

それを確認してから寺田拓哉さんだけもう一人の女性タレントの方に行っていたことがあり

「TAKUYA優しすぎ!!」てなったらしい。

 

メンバーからは「特徴がないのが特徴」といじられていたりもするけれど

「もし恋人にするなら」と聞かれて、他メンバーは全員寺田拓哉を選んでいたというのも

彼の人柄の魅力がわかるエピソードだな~とほっこりするのであった。

 

sponsored link