コロプラがなにやら任天堂の特許5件侵害して訴えられていますね。

ジェイスティックがパクられたことが原因のようで

「タッチパネル上でジョイスティックを操作する際の技術の特許」が侵害されたとして

訴えています。

 

私も今はやめてしまいましたがネモやクラゲの女の子がガチャに登場してしばらくまでは

楽しませてもらってました。

課金は少しした記憶があります・・・グリココラボのモチーフ武器がほしくて。

コロプラは指一本でアクションができる画期的なぷにコンを開発したことで

白猫が大ヒット。

課金石の配布量が多かったり、キャラがかわいかったり、マルチがしやすかったり

スキルの爽快感がよかったり・・・

 

とにかくリリース当初はまさに「スマホゲームの新時代」って感じでした。

黒猫の方もヒットし、課金するユーザーもたいへん多かったんじゃないかと思われます。

 

今回1月10日にニュースになった提訴ですが2017年12月22日付になっています。

訴え自体は2016年9月に受けたといい、「1年以上も何してたんだ」という話ですが

「侵害していないことを丁寧に説明したが受け入れてもらえなかった」ようです。

説明が受け入れられず放置していたのか、説明を続けたのかはわかりませんが

埒が明かず任天堂が動いたというように見えます。

「1年以上にわたり時間をかけて真摯かつ丁寧に、任天堂の特許権を侵害しないことを説明したが、当社の考えが任天堂に受け入れられるには及ばず、訴訟を提起されるに至った」

ITmediaビジネス

 

1月10日の提訴で「白猫プロジェクト」の配信差し止めと損害賠償44億円の支払いを要求していますが

コロプラ側は

「当社のゲームが任天堂の特許権を侵害する事実は一切無いものと確信しており、その見解の正当性を主張していく方針」

と、あくまで任天堂側と裁判で戦う予定のようです。

 

任天堂にコロプラが勝てるかという不安、落ち目といわれるコロプラに44憶円の賠償金

白猫配信停止という致命的ともいえる打撃

さらに重課金してきたユーザー達からの返金要求といったクレームを考えると

倒産の可能性大なんじゃないか?

と思いますが、現実的にどうなのか、世間の意見を参考に考えてみます。

ここでは倒産の理由・可能性・返金がありそうかについて書いています。

 

sponsored link

 

コロプラが訴えられた理由って?

 

任天堂が特許侵害を主張した際に言っていた

「タッチパネル上のジェイスティック」ってなんでしょうか。

調べると、Wiiのマリオカートで

指をタッチパネル上で動かすことによりキャラを動かせる仕様がありますね。

ぷにコンにも特許がありますが、「ぷにぷにしたUIの表示」と表現されており

任天堂のタッチパネル上のジェイスティックと同様

キャラを操作するものなので、特許の侵害だといわれてしまったと。

わかりやすい画像をSNSからお借りしました。

 

コロプラは2016年6月27日に「100億トライドルイベント」で

「コステロサーキット」というレースのミニゲームを配信していて

これも任天堂の「マリオカート」に似ていることと

提訴と時期が近いので、任天堂を提訴にふみきらせた要因なのではと思われます。

他にも「スー・スーブニール」というキャラが任天堂の「スプラトゥーン」のパクリに見えるなど

コロプラには任天堂をまねていると思われてしまう理由がいくつかあるようです。

 

コロプラが倒産の可能性といわれるが・・・

 

任天堂は1年以上訴えをかわされ続けたため、賠償金44億円のほかに遅延金も要求している。

「コロプラは最近落ち目だし、任天堂に勝てるわけないし、44憶円って倒産するでしょ?」

と言われていますし、私も第一印象は「コロプラオワッタ・・・」でした。

 

世間の意見でも倒産するという声もあれば

安易な意見だ、倒産はしないという声も。

コロプラの利益予想を見てみると、9月期の純利益は51憶。

18年9月期の業績予想は、売上高500億円(前期比4.3%減)、営業利益80億円(38.1%減)、純利益51億円(41.3%減)と、引き続きの減収減益を見込む。

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1711/08/news132.html

 

営業利益とは本業(コロプラならゲーム)で稼いだ額のことで

純利益は営業利益から原価・販売費・管理費などを引いた額です。

 

賠償金の大半だし、ヤバイんじゃない?と言われますが

しかしコロプラの社長の馬場さんは、総資産が790憶もあるのだとか。

Wikiを見ると長者番付にもランクインしているとありました。

なので訴訟に負けて44憶払うことになったとしても

社長の個人資産でまかなうことで倒産は回避できるかと思われます。

 

コロプラとしては、訴えられたという事実だけでも株価を急落させたのに

負ければさらに株価が下がり、世間のイメージが悪くなり

ユーザーも離れていくはずなので

支払い能力にかかわらず何としても訴訟に勝ちにいきたいでしょう。

すでに年俸400万で弁理士を雇うとありましたが

総資産額に圧倒的な差がある任天堂に勝訴できるのでしょうか・・・。

 

コロプラが勝ったとしても、裁判にかかった費用で経営が苦しくなりそう

負ければ寿命がかなり縮まりそう・・・

という感じで、どちらにせよ経営が黄金期に比べたらすっかりなくなると予想します。

 

sponsored link

 

白猫プロジェクトが配信中止したら返金されるのか

 

私も課金したことがある身として、予期しないタイミングで配信が停止して

アプリ自体が死んでしまったら半分の額でもいいから返金処置はとってほしいと思います。

 

消費した分の石の分を返金してもらうことは厳しいでしょうね。

ただ、課金してまだ消費していない分の石は換金されるのではと思います。

 

ですが、そもそも任天堂は「ぷにコン」を理由に白猫の配信停止を要求しているので

別にぷにコンを廃止して他社が買い取って修正を加えれば

時期を置くとは思いますが、白猫が生き残ることはできるんではないかな。

 

クレーム轟轟なのは火を見るよりも明らかですが・・・。

ぷにコンなしであのアクションの快適さを再現できるのかなー

というのも心配。

バーチャルパッドだと指一本でやるよりやりにくそう。

 

元ユーザーとしては、スマホゲーの中では伝説的な人気と売り上げを誇った

白猫プロジェクトはまだ終わらず細々とでも運営してくれたらうれしいなと思います。

 

sponsored link

 

【関連記事】

白猫プロジェクトは配信終了しない!敗訴で仕様変更したら?