神戸製鋼の不正が10月8日に発覚して神戸製鋼の株価はみるみる暴落し

10月13日には805円にまで下がりました。

神戸製鋼の改ざんの概要についてはこちら

 

「もう上がることはないだろな・・・」と誰もが思っていたのですが

ここ最近徐々に上がりつつあるんですよね。

「これは不自然」という声もあるのですが、確かにゆっくりではありますが

上がり続けているのはおかしい。

特に不正が発覚した後も不正を続けている現状では

順調に回復していっているような今の上がり方は何か不自然に見えます。

 

私は投資家ではありませんが、気になる意見があったのでそれらを参考に

今後の株価を考えてみます。

※この記事は予想記事であり、事実を述べるものではありません。

 

sponsored link

 

神戸製鋼の株価はなぜ上がり続ける?

 

前に神戸製鋼に対して発生しそうな、多額の賠償金に税金が充てられるのでは

という予想記事を冗談半分で書きましたが(その時の記事はこちら

今回の上がり続ける株価にも

「公的資金が使われてるんじゃ」というちょっと笑えない意見がありました。

 

不正発覚前の10月6日の1,368円に比べればまだ絶不調ではありますが

増進しているのは事実ですから人為的に操作されている可能性が巷で疑われています。

 

 

安倍首相は海外留学から帰国後に神戸製鋼に入社しているのですが

その縁故もあり、神戸製鋼の再建に協力するのではとささやかれていました。

 

まとめると、今の神戸製鋼の不自然な株価の回復は

・公的資金が使われたから

・日銀が資金を投入したから

 

の可能性があるといえます。

ちなみに日銀は19日に、神戸製鋼の社債を買い入れたかもしれないということが

ロイター通信で報じられていました。

日銀が19日に実施した社債買い入れオペで、データ改ざん問題に揺れる神戸製鋼所(5406.T)の既発債が買い入れられたとの見方が市場で広がっている。

http://jp.reuters.com/article/boj-kobe-steel-bond-idJPKBN1CO1P1

 

神戸製鋼には国営の銀行である日銀がついているので

誰もが見捨てても株価は下がらないということなのでしょうか。

年金を使って日銀に買い入れさせている、という認識で合っているとしたら

神戸製鋼の不祥事は民間企業だけの問題ではなくて

私達の生活にも響いてくるのではと不安になります。

 

買い支えされているのかもしれませんし

公的資金が投入されることを予想した投資家が買っているのかも?

 

sponsored link

 

神戸製鋼の株価は今後どうなるのか

 

不祥事を起こした日産や東芝の株を見てみると

日産はあまり株価に影響がなく

東芝は一時下落したものの徐々に回復しています。

今の神戸製鋼の株価の継続的な回復を見る感じだと

東芝のようにこのまま増進するのではと思えてきます。

 

ただし、暴落しなかった日産は部品の交換費用を負担していたわけではなかったので

部品の交換や費用負担が発生する可能性が高い神戸製鋼の場合は

まだこれから暴落する可能性もあります。

 

一番怖いなと思うのは、株価の上昇に公的資金が使われており

多額の賠償金が発生し株価がさらに暴落した時に

支えきれなかったときだと思います・・・。

私は投資はしてませんので的中率は保証できないですが

なんだか神戸製鋼などの大企業と共に日本も沈んでいってしまうような気がしてくるんですよね。

 

sponsored link