キングオブコントに無名の新人コンビ「にゃんこスター」が出演すると決まって

少し調べると、女の子の方、アンゴラ村長が「絶対話題になる」といえるかわいらしい見た目をしていた。

案の定放送中、にゃんこスターが登場しすぐに話題になった。

特に目を引いたのが脚なのだが・・・

2回目の動画ではスカートの動きにも注目してほしい。

 

sponsored link

 

アンゴラ村長の脚がかわいいと男性に人気!

 

二度目に観るとさらに面白く感じる。このツッコミがあってこその面白さ。

そしてズルいのはボケのアンゴラ村長の生脚を出したスタイル・・・。

ツッコミも「いい脚してるよ~!お姉ちゃん~!」って・・・(笑)

このネタの設定が「縄跳び」の発表会?だったと思うのだが

別にジャージでもいいではないか。

にゃんこスターは自分たちが売れるかどうかは

アンゴラ村長の脚とかわいさにかかっている!とよく知ってるのだと感じた。

 

二回目のネタは「フラフープの発表会」だったが

ツッコミの「フラフープ大好き少年」のオタクっぽさが面白い。

そして1:40秒辺りでアンゴラ村長のスカートがチラッと浮き上がっていたのも話題になっていた。

 


アンゴラ村長は早稲田高校から早稲田大学に進学し

卒業後は「株式会社これから」というインターネットマーケティング会社に勤めている。

詳しいプロフィールなどは下の記事で紹介しているので参考にしてもらいたい。

 

アンゴラ村長(にゃんこスター)のプロフィール!かわいいけど彼氏は?

 

今回アンゴラ村長で気になったのは美脚とかスカートの中身だけではない。

縄跳びがよく考えるとかなりうまいと気づいて、その理由を調べてみたら

「なわとび検定」と持っていることが分かったのだ。

「なんだそれは?」と気になって調べてみた。

 

sponsored link

 

アンゴラ村長が持っている「なわとび検定」って?

アンゴラ村長 縄跳び 検定

 

アンゴラ村長がなわとび芸を始めたのは、アンゴラ村長が「伊集院光のてれび」に出演した際

「あまりに何もできなかったので、縄跳びとやらせた」

ことが始まりだった。


「伊集院光のてれび」からは、メイプル超合金やANZEN漫才などの今人気を博している芸人が出ている。

それもこれも伊集院光の「売れる芸人を見抜く目」が鋭いからだと言われている。

結果を見るともう伊集院光は芸能事務所や芸人養成所を作ったほうがいいのではないかと思える。

さて、「なわとび検定」の話だが

この検定は主に小~中学生が受けることの多い検定である。

各団体が「チャレンジカード」のような

昇級するためにクリアすべき技と時間内に飛ぶ回数を書いたカードを渡し

自分の実力に沿って試験を受ける。

 

試験は体育館などで行い、合格者には通っている学校に合格証が送られてくることが多い。

もちろん団体によってカードの内容は多少異なる。

これは中野小学校の検定カード。

「検定会」が各団体が開く試験。

 

http://www.sendai-c.ed.jp/~nakano/nawatobi/nawatobi.html

 

このカードには「指導員」がなく、2級・1級などしかないが

アンゴラ村長のように「人に教えられる検定」を持っているとなると

コロンボ日本人学校が作成しているようなカードなのかもしれない。

興味のある方は下のURLから見てみてほしいが、「検定員」「指導員」の階級があり

これが最難関レベルということになる。

http://www.jscol.com/kennteika-do1.htm

 

アンゴラ村長はなわとび歴9年というので

始めた時から今日までをなわとび歴とするなら

アンゴラ村長は14歳の時になわとびを始めたということになる。

部活の自主トレでやっているうちにハマったのかもしれない・・・。

 

「指導員」になるには、とても難しい基準をクリアしなければいけない。

たとえばコロンボ日本人学校のチャレンジカードでは

「両足とび1分間に220回」をクリアしなければ「指導員」にはなれない。

 

アンゴラ村長のあの細くてほどよくしまった美脚はなわとびの成果なのだろう。

 

sponsored link