ゾフィー 上田 プロフィール

 

 

2017年のキングオブコントに事務所に所属しないコンビが出場する。

「ゾフィー」というほぼ無名のコンビ、ネタの構成力が高いと感じる今年のブラックホースだ。

ボケの上田もツッコミのサイトウも演技力が高く、もともと俳優を目指していたのではないかと思ってしまった。

坊主頭の上田をちょっと調べてみると、経歴が結構すごい。

学歴もスゴイのだが、チャレンジ精神がスゴかった。

 

闘牛のように狙いを定めた目標に猪突猛進するゾフィー上田のプロフィールを紹介しよう。

 

sponsored link

 

ゾフィー上田のプロフィール

 

・名前: 上田 航平(うえだ こうへい)

・生年月日: 1984年12月17日

・出身: 神奈川県出身

・学歴: 慶應義塾大学法学部政治学科卒業

・身長: 170㎝

・体重: 55㎏

・血液型: O型

・趣味・特技: 読書、映画鑑賞、バス旅行

・資格: 剣道2段

・旧コンビ: チェルシー(石井光三オフィス

・好きな食べ物: ジャガイモ

・嫌いな食べ物: パセリ

・父: 上田誠(慶應義塾高等学校野球部監督を務めた)

・兄弟: 

・仲のいい芸人: ラブレターズ塚本、三四郎相田、ポテンシャル恥

 

なんと、慶應大学卒の高学歴。父は慶応出身かは分からないものの、慶應義塾高等学校で野球部監督を務めた人物。

家柄がいいのかもしれない。

 

上田は中学時代からお笑いをやっていた

男子中学で、このまま中学生活が終わるのは嫌だと思った上田は校長に直談判し、お笑い研究会を立ち上げてしまう。

周りにお笑いをしている同級生もいなかったためウケて、文化祭では中国語でコントを披露。

 

中国語ができる中学生ってどんなだ・・・と思うが、高校は慶応男子だったのかも。

 

高校は剣道部に所属するも、相当弱かったそうで、プライベートでも「ゴリゴリに」やられていたという。

「これはやばい」とまたも焦った上田は仕返ししようと思い、中学時代にウケたお笑いの経験を活かし

大学では演劇サークルに入る。

 

そのまま社会人後も演劇をやろうとしていた。

しかも演出・脚本・舞台設置・証明・宣伝・・・何から何まで自分一人でやる「一人舞台」をやろうとしていたのだった。

 

そうなった理由は、上田自身が「尖っていた」時代があり、演劇サークルの仲間たちにあれこれ指示をし過ぎた結果

一人になってしまったからだった。

 

大学のとき演劇サークルの中でけっこうおもしろいって言われてたので、このままいったろうかなと思ってその人たちを引き連れてやるんですけど、井の中の蛙というか、めちゃくちゃ天狗で。しかもめちゃくちゃ尖ってて。

たぶん「こうしろああしろ」とかすげーうるさかったと思うんですよね。しかも言い方も相当ヤバかったっぽくて。やりたいことを全部やりたかったから。

http://walive.info/article/article01_zoffy2.html

 

仲間から「しんどい」といわれ、「やりたい奴だけ残れ」と上田が言ったところ、上田以外全員辞めてしまったのだという。

 

「しんどい」って言われて。「わかった、じゃあもう本当にやりたいやつだけやればいいし、やりたくないやつは帰れよ」って言ったら、そこに20人ぐらいいたんですけど、全員帰ったんです。

http://walive.info/article/article01_zoffy2.html

 

「俺はこんなにおもしろいのになぜ世間は俺を認めないんだ」

 

と尖っていた上田は憤慨し、一人で舞台芸人として成功しようとしたのだった。

しかし上手くいかず、借金もあって諦めかけたとき、前に組んでいた相方にコンビの話をもちかけられたという。

その時のコンビのチェルシーはライブチケットが即日完売するほどの人気ぶりだったが、相方は引退して落語家になってしまう。

 

その後上田はピンで活動したり、「もう1人入ったらいけそうじゃない?」

などと言ってトリオに入れてもらったりしていたが人気が出ず

そんな時にすでに芸人をやめていたサイトウが「上田だったら組みたい」と言っていたことを知りコンビを組むことに

 

sponsored link

 

キングオブコント出場のきっかけは三四郎相田

 

キングオブコントには3連続準決勝に進出しているが、それより前は浅草のリトルシアターでお笑いをやっていた。

リトルシアターには練習のつもりで出ていたが、人気が出てきていた。

そんな時、上田をよく飲みに誘う三四郎の相田

 

「もう浅草だけ出てても意味ないでしょ」

と助言をしたのをきっかけに、「もっと上を目指す」ためにキングオブコントで優勝することを目指すようになる。

 

もし三四郎相田の助言がなかったら今年ゾフィーは出場していなかったかもしれない。

 


よく坊主頭の芸人と遊んでいるみたいだが、坊主だから群れているわけではないらしい(笑)

三四郎相田さんって坊主にしてたのか・・・というのが驚き。

芸人の友情とか先輩後輩の絆は見ていてほっこりするなぁ。

 

sponsored link