小林暁子 腸活 便秘 食事法 ファスティング

 

 

前に「うつの9割は腸が原因」というような趣旨の本を見かけた。

腸にいる善玉菌の数が悪玉菌に対して劣勢になると、腸内環境が悪くなっていろんな体の不調が起きてくる。

「肌荒れ」「便秘」「お腹の張り」「憂鬱」など、美容にも精神面でも悪影響がでる。

医師の小林暁子さんは便秘に関するスペシャリストで、以前「サタデープラス」に出演し

タレントの松本明子さんの手術一歩手前の便秘を解消していた。

今日は「人生が変わる深イイ話」でその小林暁子を紹介している。

 

深イイ話ではたぶん、密着取材なので「腸活法の紹介」がメインではなさそうだ。

食べ物とか、生活習慣とか、腸活にいいとされるファスティングのやり方も知りたいところ。

そこで小林さんがTV出演した時の内容などをもとに食事法や生活習慣を紹介しようと思う。

 

sponsored link

 

小林暁子の食事法と生活習慣

 

ポイントは「腸を動かす」「食物繊維をたくさん取って善玉菌を増やす」ことだ。

 

・コップ1杯の水を飲んでから朝食を摂る

コップ1杯の水を飲み、朝食を食べることで腸の動きが活発になります。ポイントは一気に飲むこと。水が胃にたまり、その重さで大腸を押して刺激してくれるといいます。水は常温がオススメ

 

・野菜中心

 

この日もキャベツ・ブロッコリー・小松菜・しめじ・トマト・リンゴなどのサラダや干し芋など。小林先生によると野菜の食物繊維が腸の善玉菌のエサになり 腸内環境を改善する効果がある。

 

・発酵食品を摂る

 

ヨーグルトやキムチ、納豆などの発酵食品を積極的に摂る。松本さんは、外出先では飲むタイプのヨーグルトを常備。そのため冷蔵庫にはR-1ヨーグルトを買いだめしていました。

ヨーグルトを一緒に「ハチミツ」、「バナナ」、「グラノーラ」を食べるとよく、夕食後に食べることで腸への負担が少なくなる。2~3週間は同じ食物繊維を摂ること)

 

・バランスも意識

 

たんぱく質・脂質・炭水化物の3大栄養素をバランス良く。食物繊維やヨーグルトなどの発酵食品をしっかり摂ります。

 

健康長寿の道

オールブラン

 

これ以外にも食事法として、「オリーブオイルを飲む(スプーン1杯分)」こともおすすめされていた。

ヨーグルトと一緒に食べると効果抜群なのが、「大根おろし」と「はちみつ」

しかしこれは味がまずいと感じる人も多いので無理に食べなくてもいい。

また「ヨーグルト100g」に「水」「はちみつ」をスプーン1杯ずつをいれ、温めた「ハニ―ホットヨーグルト」も腸活にいい。

 

その食事法が体質に合っているかは、「肌が綺麗になった」「寝つきがよくなった」「便秘が解消された」かどうかで判断ができるそう。

特にヨーグルトの菌はいろいろな種類があるが、その人の体に合っているかは食べ比べてみないと分からない。

 

生活習慣では

  • 30分のウォーキング(1週間に3~4日はする)
  • トイレは5分以内に(出るまでいるのは腸にとても悪い)
  • うんち日記をつける(日・色・量を記録し、便通のペースを確認)

 

を意識することが効果的であるという。

 

sponsored link

 

小林暁子がおすすめするファスティング

 

小林先生が指導するファスティングでは、完全に断食をせずファスティング用のドリンクを用意し

それを飲むことで栄養を供給しつつ胃や腸を休ませることができる。

 

実際にファスティングに挑戦する場合、「断食」を想像され、水分だけで空腹をひたすらガマンしなければならないと考える方が多いでしょう。そんな方にこそおすすめなのが、小林先生の推奨する“健美腸ファスティング”

ファスティング中は固形物の食事はとりませんが、その変わりに自分で作れる「ファスティング用ドリンク」を飲んで置き換えます。腹持ちがいいので、体験者の中には、空腹を感じることなくファスティングを終了できる方もいるそうです。

 

【ファスティングの効果を上げるための注意事項】

1.ファスティングは体調のいいときに行いましょう。女性の場合、生理後2週間以内の、体もメンタルも安定した時期がおすすめ

2.アルコールやカフェイン、たばこは避けましょう

3.飲食は寝る3~4時間前にすませましょう

4.早寝・早起きを心がけましょう

5.半身浴をするなどリラックスを心がけましょう

6.運動する場合は、ゆったりしたものがおすすめ

※妊娠中の方はファスティングは行わないでください。現在、腎機能障害や糖尿病などで食事制限や食事指導を受けている方は、必ず主治医と相談し、自己判断で行わないようにしてください。

 

【ファスティング用ドリンクの作り方】
■材料(1回分):プロテイン(市販)…20~25g(付属のスプーン約1杯分)、甘酒…100ml、豆乳(無調整)…300ml
■作り方:材料をすべてシェーカーに入れてよくまぜる。

 

【週末2日間プログラム】

1日目・ファスティング期
朝、昼、夜:ファスティング用ドリンク(または、野菜&スムージー、野菜&大豆製品中心のポタージュ)

2日目・回復期:消化に負担のかからないものを選びましょう
朝:フルーツ、生野菜、豆腐、納豆など素材を味わえるものを好みで、よくかんで腹六分目ほどを目安に食べる
昼:好みのおかゆ
夜:ファスティング用ドリンク(または、野菜&スムージー、野菜&大豆製品中心のポタージュ)

 

https://otonasalone.jp/8289/

 

 

週末、体が外食や仕事で疲弊しているのを2日間でファスティングし、自律神経を整えることで

体の不調を溜めこまず美しさと精神の健康を取り戻せる。

 

私は朝にフルーツとヨーグルトのスムージー(たまにニンジン入り)をお腹に流し込んでいたが

スムージーでもこの飲み方はきっと胃腸に負担がかかるのだろう。

まずはコップ1杯の水を一気飲みし、少し時間を置いてからスムージーを飲んだ方がよさそうだ。

 

小林先生の腸活はたくさんの人から支持され予約でいっぱいになっているだけあって

無理なく挑戦できるものだった。

特に「ウォーキングをできる時だけ軽く」「ファスティングではドリンクは飲む」というのは

ストイックになれない人でも続けられそうな内容だった。

まずは野菜中心のスムージーでファスティングしてみようか。

 

sponsored link