テギョン 除隊 いつ

 

 

2PMのテギョンの入隊がいつかハラハラドキドキして待っていた人も多かった。

幼少期にアメリカに住んでいたためアメリカ永住権を持っていた上、腰椎椎間板ヘルニアで服役する必要はなかったテギョンだったが

アメリカ永住権を放棄、ヘルニアの手術も受け

韓国の兵役義務への強い意志から今日、9月4日にひっそりと入隊した

 

テギョン本人の希望で入隊場所や時間帯は分かっていない。

家族と関係者にだけ伝え、静かに兵役の義務を全うしに行った。

手術を受けたものの、ヘルニアの具合や服役中の練習で体を壊さないかなど心配する人もいるだろう。

テギョンはいつ服役義務から解放され戻ってくるのか。

韓国の兵役義務期間から見ていこう。

 

sponsored link

 

テギョンの除隊日

 

韓国での兵役期間は所属部署によって異なるという。

テギョンのように徴兵制の場合は多くが陸軍に配属され、その期間は1年9か月。

 

韓国人の男性は19歳~29歳の間に約2年間の兵役につく義務があります。韓国は未だに北朝鮮と休戦状態なのでいつ戦争が始まるかわからない状態のためです。

http://korean-culture.com/korean-man03-army.htm

 

ちなみに海軍は希望制で、訓練がとても厳しいのだそう。

そのため海軍に入ったことを誇りに思う韓国人もいるようだ。

付け加えると、海軍と海兵隊員は違うため、期間も異なる。

 

テギョンの配属されるであろう陸軍の兵役期間は1年9か月となっている。

 

 

2019年の6月と聞くとあまりに長い・・・

その間厳しい訓練をこなさなければならないのだが、どんな生活なのだろう?

ちょっと調べてみた。

 

入隊して最もきついのが、最初の約1ヵ月の基礎訓練期間で、社会との関係は一切遮断され、食事時間や入浴も制限されます。

体罰も激しく、それに反発して手榴弾で宿営地を爆破するという事件も起きました。そしてこの厳しい訓練を乗り越えると、各部隊に配属されます。

 

外部との接触も許可され、昔は手紙という通信手段のみでしたが、現在では電話やインターネットも可能になったようです。数ヵ月に1回、帰省も許可されているので、街で軍服を着た軍人をよく見かけます。

 

帰省中、後ろ髪つきの帽子(キャップ)をかぶることがあります。理由は軍隊に行っている間には髪をかなり短くしなくてはいけません。それを隠すためということもありますが、帰省中の人を狙って、ネットワークビジネスや、ぼったくりを試みる人がいるからのようです。

それは軍隊に行っている間には普通の生活と違って極端に情報が不足して、だましやすいからだそうです。

http://korean-culture.com/korean-man03-army.htm

 

昔ほど規制は厳しくないようだ。兵役期間も年々短くなる傾向にあり、今後は韓国も男性アイドルの活動を考慮して兵役を短くしていくのではないだろうか。

気になるのは体罰の噂だが・・・教育の一環として普通に行われていそうだ。

 

sponsored link

 

テギョンの入隊時の画像・・・坊主にも見える?

 

韓国では入隊する時に髪をかなり短くする。

テギョンはメディアに姿を見せた時、キャップを被っていてよく見えなかったが髪がかなり短くなっているであろうことが分かる。

 

— 🐹SANA♡KAZU-chan🍭 (@12sana___Twice) 2017年9月4日

 

帽子を被るのはむやみに兵役中であることを悟られないためだが、キャップを取ったテギョンの姿が気になってしまう。

短髪のテギョンの画像はこんな感じ(兵役時の画像ではない)。

 

 

テギョンは今29歳だが、韓国の軍隊では年齢で序列がついているわけではなく、あくまで階級によって上下が決まっている。

儒教の国だからある程度歳をとってから入隊したほうが敬われるのではと思いがちだが、さすがにそこまで甘くはない。

テギョンなら順調に好成績を収めて帰ってくるだろう。

数々の壁を取り払っても入隊するくらい意志が強いのだから。

ファンにとってのお楽しみは戻ったテギョンの鍛え抜かれた体だろう。

1年9か月後の熟練された体を楽しみに応援してあげよう。

 

sponsored link